• REPORT
  • 全員参加のセキュリティを目指し、クラウドファンディングを実施

全員参加のセキュリティを目指し、クラウドファンディングを実施

2021年
hatebu

クラウドファンディングサービス「READYFOR (レディーフォー)」にて
10月6日よりS4プロジェクトを応援していただける支援者を募りました。

クラウドファンディングでS4プロジェクトを立ち上げた理由
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
S4のミッションである「誰の手にもセキュリティがいきわたる社会をつくる」ためには
企業のみならず、サービスを利用するユーザーも含めた、
「全員参加のセキュリティ」が必要であると私たちは考えています。
 
このクラウドファンディングを通じて、
一人でも多くの方にインターネットのセキュリティへ興味や関心を持っていただき、
一緒に「全員参加のセキュリティ」を実現したいと考えました。

また、こんなチャレンジをしている企業が九州の宮崎にあることを、
知って、応援いただきたいという思いで実施しました。

< 当時のクラウドファンディングページはこちら >
宮崎のエンジニアが開発するシステムで、全国の中小企業の力になりたい

クラウドファンディングのその結果
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私たちのプロジェクトは10月3日にスタートし、12月3日に終了しました。
結果として、目標達成には至らない結果となりました。
しかし、セキュリティという身近なところにないジャンルの活動にも関わらず、
26人もの方々からご支援と温かい応援のメッセージをいただくことができました。

S4にいただいた応援のメッセージ


支援者の方々からの想いや期待を胸に、
今後もS4プロジェクトを続けていこうという想いがより一層強くなり、
結果的にたくさんの実りを得ることができたクラウドファンディングとなりました。