株式会社ict4e様のユーザーインタビューを公開しました| メディア情報

お知らせ
hatebu

2024年1月17日、セキュリティ専門の情報メディアサイト『スキャンネットセキュリティ』にてS4リリース直後から S4 を IT 管理に活用いただいている株式会社ict4e原様へのインタビュー記事が公開されました。

■取材記事はこちら
「何もしなくても勝手に最新情報に」中小企業向け無償脆弱性管理プラットフォーム S4 活用事例
リリース直後から S4 を同社の IT 管理に活用している原に、S4 のユースケースや便利なところ、
要望のあるところなど、さまざまな話を聞いた。(クリックすると記事に遷移します)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回、S4を利用しはじめたきっかけや日々の運用方法、改善点など、原さまから率直なご感想をお話いただく貴重なお時間をいただきました。ぜひ、ご一読ください。

本記事内抜粋

原にとってインターネットやデジタル技術とは、儲ける手段ではなく、何よりも社会を改善し、そこに生きる人を幸福にするものであり続けている。だから、大多数のお金がない中小企業にセキュリティプラットフォームを無償で提供するという S4 の正論過ぎる理念は、原にとって何ら違和感のあるものではなかった。リリースされた直後から S4 を同社の IT 管理に活用している原に、S4 のユースケースや便利なところ、要望のあるところなど、さまざまな話を聞いた。

(中略)

(記者)S4 を日々どのように運用管理に活用していますか?(原様)新しいサーバや機器を登録するときはブラウザで S4 のダッシュボードを開くのですが、毎日の S4 との関わりは、通知メールが来るのでそれを Slack と連携して最新情報をチェックすることです。それを見て 0 件と確認すると安心しますね。※編集部註:メールによる通知には、S4 に登録された「資産に紐付く脆弱性情報」と、登録されていなくても脅威情報として広く通知する場合(Log4j のような深刻度が高く影響範囲が広いケース)の 2 種類ある

(中略)

(記者)S4 の潜在ユーザーである中小規模の企業へのメッセージがあればお願いします(原様)たとえば 50 台以上端末があれば、さすがにそのリスクや脆弱性管理の必要性は日々感じると思います。一方で 1 台が動いているようなオフィスでは「たった 1 台だし、まだ何も起きてないからいいよ」と、弊社でも提案を持っていきづらい。そんな「1 台だけ」という企業でも S4 があればとても便利になると思います。



■株式会社ict4e ( アイ シィ ティ フォー イー)
会社名:株式会社ict4e
事業内容:サイバーセキュリティ教育事業 / ITコンサルティング事業 / プログラミング学習事業
Webサイト:https://ict4e.jp/

■取材記事はこちら
「何もしなくても勝手に最新情報に」中小企業向け無償脆弱性管理プラットフォーム S4 活用事例
リリース直後から S4 を同社の IT 管理に活用している原に、S4 のユースケースや便利なところ、
要望のあるところなど、さまざまな話を聞いた。(クリックすると記事に遷移します)


今後もS4プロジェクトをより多くの方々に知っていただくために、様々な情報発信に努めます。